--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/12/16 Tue  17:04
秋の事件「ウチのHEAVY GAUGE」

cocoが2歳の秋、風邪をひいたので総合病院を受診。

診察が終わりお会計をしている間、1人で本棚に絵本を返しに行った息子。

突然その方向から、怒鳴り声や叫び声が聞こえてきた。

振り返っても息子は見えず、走って行って息子を抱きあげた。

1人のがたいのいい女性に向けられる患者さんたちの罵声。

その女性が、通りがかりに息子を数発殴ったらしい。

それも、バウンドするほど強く。

当然ながらブチ切れたあたし、

「うちの子が何したって言うんだコラ!オマエにもやってやろうか!」

と言ったものの反応はない。

相手をとめてくださった見ず知らずの患者さんたちにお礼だけ言い、外来の端のソファーに座る。

とりあえず子供だ!

放心状態の息子、ギューっと強く抱くとやっと泣いた。

「大丈夫だよ」を私も泣きながら連発した。

その後警察を呼び、私たちは帰宅。

目立った外傷はない。

でも息子は笑わなくなった。

その日から悪夢が始まったのだ。

しゃべらない、寝ない、寝ても夜泣きで起き、突然泣きわめきながら走る。

注意力が散漫でよく転び、お話は5回言わないと理解できない(例えば「ご飯だよ」×5回)。

焦点の合わない目で意味不明なことを呟いて、たまに一人で誰かと会話してて・・・。

3日経って顔のあざと頭のこぶに気付き、やっと現実に戻った。

「病院に行かなきゃ。」

脳外科的には異常なし。

でも小児神経科では「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」の診断だった。

私は仕事を辞めた。

子供が心配で心配で、どんどん神経質になっていた。

怖かった。

それまでただただ可愛いと思っていた息子の変わりように私の神経もやられた。

大事に大事に育てていたのに守れなかった、と自責しながら、加害者を恨んだ。

こんな思いをしているのに相手はのほほんと生きているという現実が許せなかった。

警察署、市役所、保健所、福祉センター・・・いろんなところに相談した。

でも結論はどこも一緒。

「相手が障害者だから責任能力はないんだよ」

そう、加害者は精神障害のある方だったのだ。

じゃあウチはどうしたらいいの?と言ったところで何も変わらない。

加害者の(デイサービスに通っているらしくその施設の)ケースワーカーには「私に言うのは畑違いだ」とまでわれた。

このケースワーカーさんいわく、加害者は私と同じ年で、騙されてデリヘルで働くような「不良」だそう。

そんなのは私たちにはどうでもいいことで、誠意を見せてほしかったのだ。

金をくれって言ってるわけでもなく、二度とこんなことをしないよう反省してほしいだけなのに。

私は精神科に通いだした。

安定剤と睡眠薬を飲みながら、息子にとっての安定剤になろうと思った。

事件のショックとフラッシュバックでいつも気持ちが不安定な息子。

それを支えようと思っても私も不安定。

その時期、保育園の園長とパパは数少ない理解者だった。

私と息子を、パパは金銭面でもしっかり支えてくれた。

園長先生は私の精神面を心配してくれ、息子が不安定な時は職員室で抱っこしてお昼寝をさせてくれたこともあった。

「保育園に連れてきて息抜きしておいで」って言ってくれた。

園を変えてもたまに電話をして相談したり、今だに園に遊びにも行く。

パパは息子が2歳になった頃からの付き合い。

結婚もしてないのにしっかり父親をして、父親役になってすぐ余計な苦労まで共有して…。

困ったとき、役所も誰も助けてはくれない。

世の中は恐ろしい魔物がどこかで潜んでいるから、いつ子供が怖い思いをするかわからない。

大人が守っていかなきゃいけない。

スポンサーサイト

テーマ : こどもの病気   ジャンル : 育児

tag : ADHD PTSD 子供 育児

2008/12/17 Wed  12:26
心療小児科、知能テスト。

cocoのIQ、言語性100くらい、動作性140くらい、全体120くらい。

85以上が普通で平均100だって。

なんとcoco、おバカだと思っていたらIQ高かった!

っつーか、知能テストって受けたことはあったけど「結果報告書」ってものは初めて見た。

すごい精確っていうか細かいって言うか・・・読んだだけで検査中の様子がみえるよう。

2枚のプリントに細か~く検査中の様子や会話が書かれていて、さすがね。

私が最初にこの検査を受けたのは小3の時に児童相談所でなんだけど、こんな結果表をうちの親はもらって読んだのかな。

当時私は確か120くらいだったけど、息子のほうが高い。

どうりでたまにcocoが言ってることの意味がわからないはずだわ。

「またおバカなこと言って~(笑)。」

なんて言ってたけど、どうやらおバカは私のほうでした。

息子は「話す・聞く」(言語性)よりも「操作する・見る・書く」(動作性)が得意なそう。

うんうん納得。

そんな所見の中でどうしても気になってしまう文面。

「小刻みに体が動いていることが多かったので・・・」

「そわそわした体や脚の動きは検査中終始見られ・・・」

これは仕方がないっちゃ仕方がないんだけどね。

「ADHD(多動性注意欠陥性障害) and/or 愛着障害 の疑い」って備考欄にある。

でもお医者さんは病気については

「保育園や小学校で指摘されたら、文書にしてもらって相談しに来てください。その都度対処法を考えましょう。」と。

この「愛着障害」って言葉に私自身が知識が無くて、しかもお医者さんも全然触れなかったから気にしてなかったんだけど、帰ってきて報告書をよく読んでいたら気になっちゃって。

で、調べたら0~3歳くらいの頃に受けた虐待やネグレクト(育児放棄)が原因、みたいなことが書いてある。

あたし虐待なんかしてた???って気持ちが増幅。

神経質すぎた時期もあったし、叱り方はキツイかもしれない。

むしろこの言葉は息子より私のほうが当てはまっているかもしれないと思うんだけど。

そんなことを考えていたら、多分この「愛着障害」って言葉には私にはまだ解っていない広い意味があるのかもしれないって結論が出た。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とも関係があるようにも思う。

結果をきいてから1日経ち、気持ちの整理が少しできてきた。

病名やその原因は何であれ、私がするべきことは1つ。

息子に普通以上の愛情を持って接し、育てること。

「普通」の定義は無いんだろうけど、少なくとも自分が子供のころに与えられた買った愛情を息子に与えなければいけない。

こうやって悩みながら頑張って育てた息子が立派に大人になった時には、感動するだろうな~。

って、まだまだなんだけどね。

テーマ : こどもの病気   ジャンル : 育児

tag : 子供 育児 ADHD PTSD

プロフィール

「hina」

Author:「hina」
大切な子どもや友達・
大好きなGLAYの曲に
支えられながら
癌と共生のシングルマザー。
元気にやっています。
ともに、より良く生きましょう♪

リアルタイムブログは
   ↓
続!返り咲くまでの軌跡 with こころん

カテゴリ

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

☆ランキング参加中☆

人気ブログランキングへ 
癌サイトランキング にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログへ 

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

こちらからコンタクトがとれます♪
お気軽にご利用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンクブログ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10768位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
457位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事+コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

2008年11月 ≪         HOME         ≫ 2009年01月
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。